リベンジ!調度品コンテスト2019!すっかり忘れてた今からでも間に合うか!?

FF新生

2019-09-25 10:41:30

ナマステw(こんにちわw★こんばんわ★妲己姫よん♥)


スポンサードリンク



 

調度品コンテスト2019

お酒を飲ませて落とそうとする男は最低ランク!もっと己の力で落として見せろよ!もっと来いよ!(笑)

 

さて、すっかり忘れてました(笑)

調度品コンテスト2019…前回のコンテストは…それこそいつの間にか終わってたという始末…

二の舞は踏まないように…今度こそ、今年こそ調度品コンテストのリベンジしようではありませんか!

リベンジというのは…そう。何を隠そう一度調度品コンテストに参加してるのであります(何も隠してない💧)

 

そう、一昨年の2017年の調度品コンテストです!ちなみに関連記事はコチラ♥是非読んでね♪↓

調度品コンテスト結果発表!!わらわの作品は入賞したのか?ドキドキ
2017-11-18??02:05:59 ナマステw(こんにちわw★こんばんわ★妲己姫よん♥) ついにこの日がやってきた! ついに来ましたね!調度品コンテストの結果発表が?わらわも一応は応募しました?1点のみ...

 

 

そうなんです。

ですから…次こそは1次審査でも通過しないと…絵心ある妲己としてのプライドが威厳が…ボロ雑巾のように見捨てられたままになってしまいます

これは由々しき事態であることは間違いない

 

今からでも遅くない!

 

 

ですが…気付いたのは不幸中の幸い…だとしてももう時間があまりない💧

前回の参加作品はほぼ数時間で下書きを終え…次の日に色付け説明文を作り?

1日?2日で出来た仕上がり💧

 

次こそはもっと時間をかけ…少し大きめの用紙に描くと決めていたのに…

残り時間がまたもやあとわずか…

 

大きな用紙で描くのは可能としても…悠長にデザイン考案なんかやってられません!

良いと思い立ったものを書くしかない!

 

しかしレベルは高い!

 

やるは難し…

前回のコンテストを見てもそのレベルの高さは半端ないものです!

 

※前回作品の数々

 

 

これだけのクオリティーを出すには…それなりに時間は必要…

こう見えても…絵は得意なのでこれほどのクオリティー!妲己に出せないと皆思ってませんか?

 

ふふふ…

 

 

ふははは……っ!

 

問答無用!本気を出せば!

十中八九…出せる!

(相変わらずの自信過剰💧)

 

ただ…本気を出せばね💧

しかし、これほどのクオリティー…調度品コンテストで出す必要があるのだろうか?💧出せるけど…やはりそれなりに時間と手間は必要になります!

 

タダでさえ締切間近で時間が無いのに…これほどのクオリティーを出せとは…なかなかの難題…さらに言えばまだ…

何の家具にするのかすら定まってないのに…これはやはり由々しき事態ですな💧

 

ウケ狙いか?本気か?

がしかし…そんな中でも…

選択肢として…ほぼウケ狙いの家具ならばそんなにクオリティー高くなくてもいい!という方法もあります

 

半分ウケ狙いなので気持ち的にも楽ですしね♥

 

え?

 

言い訳ばかり言ってるって?

 

本気を出してもあのクオリティーは出せないんだろ!素直に言えよ!

 

そう疑心暗鬼してるユーザーの皆様…

 

それは大きな誤解です!この妲己…本気を出せば…プロ並みに描けると自負してる次第であります!

 

しかし、おもむく時は時間無し!

 

常に万全に物事を成せる状況というのは人生において…それはあまりに数少ない…

 

決められた時間の中、決められた道具、決められた予算…その中で最高峰を作り上げる…

数々の歴代の先駆者たちが築き上げた偉業を超えるには…妲己もその壁を越えなければならない…

 

 

そうであるならば…選ぶ道は1つ…

 

この状況において…本気を出し、クオリティー高い作品を提供してこそプロというもの…

 

仕方ない…

ここら辺でいいでしょう…

 

妲己本気を出すこそにしましょう…世界がそれを望むならば…

 


スポンサードリンク




 


ご覧いただきありがと♪絶対にまた会いに来てね❤

この記事がよかった♪面白かったら応援クリック
をどうぞお願いいたします♪m(_ _)m

にほんブログ村 ゲームブログ FF14(FFXIV)へ
にほんブログ村FF14


FF14 人気ブログランキング


でも…上には上がいるんやで、それはどの世界でも同じ、妲己!貴様はまだ井の中の蛙ということを知らない……残念‼

妲己より

[adsense]



妲己のLINEスタンプ?姫スタ♥


コメント

タイトルとURLをコピーしました