エンドコンテンツと活ハイの因縁…結局どれが正しいとかはやはり無いのか(笑)

妲己姫

2018-10-03  02:23:57

ナマステw(こんにちわw★こんばんわ★妲己姫よん♥)


スポンサードリンク



 

正解は己の中に(言い訳💧)

 

 

いやーーー、お久です(笑)

ちょっと色々ありまして…更新が遅くなって申し訳ありませんm(_ _)mまぁ楽しみに待っててくれた人がどのくらい…いるのか分かりませんが!(笑)

 

でも…FF14はちょいちょいやってましたよ♥

まだストーリーは終わらせてないけど💧も、もちろんオメガもね(笑)💧まぁ、そこは追追やるとして…

 

今回もやって来ましたね💧

 

エンドコンテンツに活ハイいるのか…いらないのか問題!う~む…これはなかなか…(笑)

わらわの意見聞きたい?

 

しかし…これは…非常に難しい問題💧

活ハイありの意見としては…ヒラの負担軽減や特定の攻撃に耐えられないとか…そういう意見で必須といった理由…

無しでは…まぁそんな攻撃に耐えられないとかないだろ!みたいな強気な意見(笑)まだ零式やったことないからわかんないけど…正直、零式でも活ハイ無いと耐えられないとか本当にあるの?(笑)

絶シリーズとかだとそういう意見多く聞いた事あるけど…もう零式までも活ハイ無いと耐えられない仕様になってしまったのか?

 

じゃあ実際…本当に活ハイないと耐えられない攻撃が本当にあるのか…わらわ零式、絶もやったことないけど…結構~疑心暗鬼なとこあります(笑)💧

 

ただの憶測ですけどね💧なのでどちらかと言うと活ハイ無くてもいいんじゃない派ですが~ただこれは明確に分ける必要あるのかどうかという問題もありますよね?

言わば…本人の好きでやればいい!(半分逃げ💧)

 

 

恐らくどっちに転んでもメリットとデメリットあるから…それほど変わらないかと…まぁそれで死んでしまったら元もこうもないけどさ!

 

ただ…それでも1度やってみる必要があるということだけは…絶対必須ですよね?最近…この活ハイ問題が結構議論されてて…

わらわもマテリア選択にとても苦労しちゃいます💧

 

んーー、どっちにすればいいんだ?

 

逆に本当に活ハイ必須だとしたら…半分それ知らないと無理ゲーになりますよね?(笑)艦これか!

 

果たして…そんな設定をしてくるのか?

 

ここがわらわが疑心暗鬼になってるところですね~最近まではバランス良く難易度の高いコンテンツも調整しててくれてたので~こういう知らなきゃクリア不可能な設定をしてくるのか!

そう思っちゃいますよね~まぁ、5年もたてばネタも無くなるので…こういった斬新な設定を入れたのかもしれませんけどね~

 

ね?疑心暗鬼になるでしょ?(笑)

 

まぁ…でも活ハイで体力増えるのは気持ち的にも安心するし~全くない訳では無いよね♥それはやっぱりアレだよ!

 

自由だよ!(結局はそこ!)

 


スポンサードリンク




 


ご覧いただきありがと♪絶対にまた会いに来てね❤

この記事がよかった♪面白かったら応援クリック
をどうぞお願いいたします♪m(_ _)m

にほんブログ村 ゲームブログ FF14(FFXIV)へ
にほんブログ村FF14


FF14 人気ブログランキング


でも…何でもかんでも『自由』なら正解なんてないんじゃない?カモンベイベー!アメリカ!私が全ての正義だ!……残念‼

妲己より

̃Gg[͂ĂȃubN}[Nɒlj


妲己のLINEスタンプ~姫スタ♥


妲己姫②

「エンドコンテンツと活ハイの因縁…結局どれが正しいとかはやはり無いのか(笑)」への8件のフィードバック

  1. 周りのフル新式の連中見たら?
    それが答え。
    零式4層やりませんってなら好きにしたらいい。

  2. とりあえずプレイ動画見て四層やってる人のHP見てみたら?
    左側の防具がある程度IL400になってれば何箇所か活ハイ外せるけど

  3. 昔から左装備揃うまでアクセ活ハイは常識ですよ。
    入れてないと全体ダメージの乱数次第で死ぬことがあります。

    1. むむ!やはり乱数なのですね…ってか忍者って防御弱い気がするのは気のせいなのかな?(笑)

  4. 活ハイなかったら死んでたことなんて結構あるから必要だわ
    というか必要だって言われてるのに付けてない人って事前に何も調べてなさそう(強くなろうとしてない)って印象しかないから一緒にやりたくないわ
    IDとかだけやるなら別に好きにすればいいけども

  5. 武略や天眼も誤差だから!PSのが大事!とか言って結局なにもつけてないんじゃないのこの人

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

HOMEに戻る