レディープレイヤー1はゲーム関係者なら絶対に見るべき!もちろんユーザーも(笑)

FF新生
妲己姫

2018-04-23  18:43:32

ナマステw(こんにちわw★こんばんわ★妲己姫よん♥)


スポンサードリンク



 

日本のゲームを確立しよう!

 

 

ゲーマーとして見ない訳には行かないこのスピルバーグ映画【レディープレイヤー1】♥

初日に見に行きました!

 

まぁCGとかは言わずとしれずアメリカは桁違いの資金で作りこんでいます(笑)そして何より日本のゲームキャラクターも多く登場してたり、著作権やら何やらで…

もう動いてるお金が違う(ガクガクブルブル)

 

映画の評価を先に言うけど…とても楽しかったです♥エンターテインメントとしても単純に楽しめるし、特にゲームやってる人ならもっと楽しめます♥

ゲームとしての開発者の気持ちとそれに関わるビジネス…そしてユーザー…この3つの関連性を上手く表現してて…ありがちな展開でありながら…

こんなハチャメチャな映画は何故今まで無かったのか!

 

現在ゲームというものが社会的地位を確立する中で…ゲームという題材を組織側からとユーザー側とで考えの違いだったり、それがもたらすお金の問題だったり…

様々な現実問題から…全ての人たちへ問いかけてる様な内容で!とても…心に響きました~♥

 

そして…今でもある現実とゲームとの栄目が無くなるという問題も…提示され…ゲームとしてのあり方とリアルとの共存が課題でもあるような描き方もしてます♥

しかし、映画を見れば分かると思いますが…何よりゲームを開発する開発者の気持ちが大切なんだということが1番の見どころではないかと思ってます!

 

だから…現在のゲーム開発者に関わる人達は…ぜひともこの映画を見てもらいたい!

 

特に、カプコン!SEGA!

 

ゲームとしての歴史は偉業を達成してますが…現代におけるこのゲームビジネスの中で…何かを見失ってるような気もします!

 

ゲームとは何か?

 

もちろんお金!生きていくためにはお金!綺麗事を言ってるような時代ではないかもしれませんが…

もう一度思い出して!

 

何故…ゲームとして成功を願ったのか!

お金が欲しいのであるならば…何もゲーム会社なんて建てなくてもよかったはず!その心の中にゲームが好きだ!とか面白いゲームを作りたい!

そういう気持ちがあったからでは?

 

その気持ちを思い出させてくれる映画だと思います♥映画の中である【自分のゲーム】というフレーズを使う場面があるけど…まさにそれ…

 

開発者は“自分のゲーム”として作り上げ…皆と共有する!それこそがゲームの成功パターン!

 

決して真っ先に【お金】があってはダメなんだと…そういうことなのかもしれません…かのジョブズも、そうだったように

 

自分の誇れるものを作る努力が…人を動かし、お金を動かす…それだけのこと!

 

もっと楽しいゲームを作り…これから世界的にゲーム業界は飛躍する可能性の高い中で…日本のゲームというものを先導する企業たちに…

ゲームはお金だけじゃない!

 

幼い頃のゲームした記憶が片隅にあるように…ゲームとは記憶に残るもの…それは「楽しさ」があるこらであり…記憶に残る

 

そんな最も単純な事だけど…それを忘れないゲーム企業が日本を牛耳ってほしいです♥

いつの年齢でも記憶に残るゲームを作り上げてほしい!

 

 


スポンサードリンク




 


ご覧いただきありがと♪絶対にまた会いに来てね❤

この記事がよかった♪面白かったら応援クリック
をどうぞお願いいたします♪m(_ _)m

にほんブログ村 ゲームブログ FF14(FFXIV)へ
にほんブログ村FF14


FF14 人気ブログランキング


でも…妲己も記憶に残るって意味では人と違うから…悪い意味で記憶に残るな……残念‼

妲己より

[adsense]



妲己のLINEスタンプ~姫スタ♥


妲己姫②

コメント

タイトルとURLをコピーしました