忍者の『天地人』…このスキルややこし過ぎ!この説明では到底理解できないだろ!(一応解説💧)

2017-07-26  23:04:51

ナマステw(こんにちわw★こんばんわ★妲己姫よん♥)

天地人…習得するでござる


スポンサードリンク



 

ついに忍者レベル70になりました♥だがしかし…最後のレベル70で覚える(はず)のスキルは…どうやらレベル70になっただけでは…ダメな模様💦💦

 

そう、そう言われれば…そうでしたよね💦💦完全にジョブクエスト忘れてました(笑)

 

なるほど…今回のジョブクエストは最後の技を習得するためのものだったんですね~

 

 

ッということで忍者のジョブクエスト一気にやってしまいましょう!ふむふむ…忍者のジョブクエストは何だか平和な感じでいいですね♥

そして何よりも…こいつ!

 

 

 

 

カラス最高!

 

 

こいつがFF14の中で一番好きなキャラかもしれません!まじ、いいキャラ!しかも、こんなふざけているけど忍者の才をもってるという~いわく付き♥

話の大まかな内容では『超越口寄せの術』というもの…きっとこの術の幻獣は…大蛇でしょう!実際は…出てこないけど(笑)

 

でも口寄せでカエルと来れば…絶対に蛇!蛇も忍者との因縁が強い生き物ですからね!恐らく…ってかそうであってほしい(笑)

 

 

っと戯言はともかく…

忍者ジョブクエスト全部クリアして…最後のスキル『天地人』を覚えました♥

そのスキルの説明を読むと…

 

 

ふむふむ…とりあえず忍術が連続で使えるということなのね♥これはいい!では早速試してみましょう!

 

 

 

 

 

 

…って、あれ?

 

 

なんじゃ?

 

 

ウサギが出てしまう!(笑)

 

 

…これは一体どういうことなのでござるか?

 

 

拙者には皆目検討もつかないでござるよ💧

 

 

…まぁ、色々とみんなのブログを読んだ結果…なるほど…そういう事ね💧ってようやく理解しましたm(_ _)m

 

 

 

 

↑これ…この説明だけじゃ…絶対わかんないわ!せめて…一度印を結んだら記憶する…みたいなニュアンスくらい書いてなきゃ…(笑)💧

 

 

時を超えしアイテム

忍者読本 (TJMOOK ふくろうBOOKS)

更なる極みを目指したければ…この禁断の1冊の巻物でござるよ!これを読めば…禁断口寄せの術も会得できるかもしれぬ…試す価値はあるでござるよ…(汗)

 

 

 

…簡単に説明すると~

初めに知っておくべきことは忍術は連続合計3発撃てるということ!

 

そして一度結んだ印は記憶される…つまり『天』の印をしてからの手裏剣…次に雷遁撃ちたければ…本来また『天』『地』と二つの印を結ばなければならないんですが…

 

『天地人』発動中は…最初に『天』を結んで手裏剣を出した時点で『天』は記憶されてます…なので次に雷遁ならばそのまま『地』だけを入力するだけ…これで雷遁、そして…最後に『人』を入力して水遁となるわけです…

 

そして…同じ忍術は使えないということ…つまり

 

※例      忍術(雷遁)→忍術(雷遁)❌

 

 

であり、なおかつ結ばれた印は記憶されるということなので…仮に最初に印を2つ結んで雷遁とすると…二発目は3つの印を結ぶ水遁か土遁…3発目はとなると…

 

印を4つ結ぶことは出来ないので…ウサギ(失敗)になります

 

 

なので3発違う忍術を撃ちたければ…必ず最初は印一つの手裏剣からになりますね♥

 

なんともややこしいスキルなんでしょうね💦💦これ、絶対…簡単なスキル回しにならないような気が…(笑)💧

DPSを出そうとすると…かなりの確率でこの『天地人』は鬼門になりそうです~無念でござるよ!

 

タダでさえ…まだ慣れないのに…さらにここに来て…新スキルで混乱に…忍術の道も楽ではないですね(笑)

 

まぁ…でもやらなければ…レイドコンテンツなど行けませんから~地道に練習して行くでござるよ!

 

それではこれにて…御免!

 


スポンサードリンク




 


ご覧いただきありがと♪絶対にまた会いに来てね❤

この記事がよかった♪面白かったら応援クリック
をどうぞお願いいたします♪m(_ _)m

にほんブログ村 ゲームブログ FF14(FFXIV)へ
にほんブログ村FF14


FF14 人気ブログランキング


でも…ってか間にあるAmazonの宣伝…あれ絶対ウケ狙いだろ!?忍者繋がりで…そこまでお笑いに持ってくるか……残念‼

妲己より

̃Gg[͂ĂȃubN}[Nɒlj


妲己のLINEスタンプ~姫スタ♥


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

HOMEに戻る