LV60黒魔法スキル回し解説【これがかなり難しい件】

FF新生
FF新生
スポンサーリンク
スポンサードリンク

2016-08-09 ?21:33:30

ナマステw(こんにちわw★こんばんわ★妲己姫よん?)

[su_heading size=”15″]一番難しい黒魔法…でもやるよ🎵[/su_heading]




 

みなさん黒魔法って使いますか?

150811b_as009tn

 

えぇ…わらわは使います…でもレベル60になってから?つまりイシュガルドからはあまり使ってないです💦

それまでは…DPSではメインでした!

その理由は…レベル60からの黒魔法のスキル回しが…ガラッと変わってしまったとこですかね?

 

 

 

これを覚えるのに時間がかかるのと…実戦して…馴れるまでに更に時間がかかります…💧

 

基本的な流れはこんな感じ…ま、悪まで基本ですけど…

  1. ファイガ(AF状態付与)
  2. エノキアン
  3. ファイジャ
  4. ファイジャ
  5. ファイア(AF状態更新)
  6. ファイジャ
  7. ファイジャ
  8. ブリザガ(UB状態付与)
  9. ブリザジャ(エノキアン更新)

 

 

あまり難しいこと考えないでやると?これが一番いいんですが?

 

なにせDPSを出すのが…お仕事なんで?💦より高いダメージを出すにはもっと工夫がいるんですね💦

 

えーーーこれでいいじゃん

 

 

って言いたいよね?

うん🎵

 

そう言いたい?

 

でも…

 

 

ダメーーーーー(笑)

 

 

ま、どうせなら高いダメージを出しましょうってことで…黒魔法も練習しないとね?木人だけでなく…

 

実戦でもね♪

 

とりわけ…色んなやり方があるみたいですが…

何が一番難しいって…やっぱりエノキアンを切らさないようにすることでしょうね💦

 

あんな小さいアイコン(エノキアン)の時間表示を見ながら…やらないといけないなんて…

もう…難しすぎる…💧

 

スクリーンショット 2016-08-09 18.19.01

 

まぁ?たぶん

これ…慣れが必要なんでしょうね?エノキアンが切れそうな感覚を覚えて…ファイジャなどの回数や?ファイアなどの途中で入れるタイミングも…

 

最初のうちは…難しいかもしれませんね💦

 

 

馴れないうちは上のような…簡単な手順でもいいかも(笑)

 

ええ…DPSでませんけど!はい!

 

そうやってみんな…成長していくんです🎵

 

あと…黒魔法って結構テンパりません?

 

 

エノキアン切れたり…MP切れて…ブリザガ&ブリザジャうてないとか…そういうとき

ちょっとだけテンパる💦

 

 

え、あ…えっと…

 

 

コンバートでMP回復?…

でも…ってさっき使ったのか?

 

 

ひぃいい…💧

 

という具合に…あと

やっぱり実戦は…範囲攻撃避けなきゃいけないので…動いたりすると?さっきの手順で続けられないときも出てきます

これは時間的にエノキアンが切れるという問題でね…なので常に色んなことを予想してスキル回ししないと…

 

イレギュラーなことに対処できないんです💦

 

 

なので…

黒魔法をメインでやってる人はすごいね?

 

 

ワタシを手取り足取り教えてほしい?

kinbakukousoku2015042322-495x700

 

なんでこの画像(笑)

 

さて…ちょっと黒でも練習しようかなぁ?

 

 




ご覧いただきありがと♪絶対にまた会いに来てね?

この記事がよかった♪面白かったら応援クリック
をどうぞお願いいたします♪m(_ _)m

にほんブログ村 ゲームブログ FF14(FFXIV)へ
にほんブログ村FF14


FF14 人気ブログランキング


でも…逃げ回ってばっかりで全然エノキアン維持できないで…残念?

妲己より

妲己姫のゲーマーブログ DERAMBOX

コメント

  1. 通りすがり より:

    エノキやAF、UBバフ
    確かにそのHUDレイアウトだと見づらいですね
    「システムメニュー」 → 「HUDレイアウト変更」で「バフ・デバフステータス情報」を画面の中央付近に配置して、見やすい大きさにサイズ変更すればエノキやAF、UBが維持しやすくなると思いますよ
    お試しあれ

  2. HUD設定でバフデバフをクリックして
    コントローラーなら【R3ボタン(Rスティックの押し込み)】
    マウス&キーボードでは、【Ctrl + Home 】
    で大きさ変えられるので見やすく大きくしてみたら
    どうでしょうか?

タイトルとURLをコピーしました